未分類

地理空間情報ライターを始めてから振り返り- 2020年は革命


みなさんこんにちは!今えげつない未熟者の世界のれんさんです!

今回は少しばかり、2019年の振り返りをさせてください(ちょっと遅いね)


このMapbankを始めたのは2019年9月ですが、ブログを始めてから、自分の未熟さをきちんと理解して言語化できるようになりました。

今日はブログを初めてからの約半年間の振り返りをして、成長した点や改善点、そしてこれからの行動の方向性について、また地図業界をどう見ていたかについて少し書きたいと思います。

めちゃめちゃ自分ごとなのですが、振り返りや目標は公共で公開した方が精神的に効果があって、みなさんが読んでくれるのを前提にすると、真面目に書けますし、これからの活動の活力になります!


目次

1:世界のれんさんの半年間の振り返り
  1.1 行動はできる人
  1.2 継続ができない人
  1.3 生き方について考えた

2:地図業界をどう見ていた?
  2.1 位置情報ゲーム/旅系番組
  2.2 地図は影が薄い
  2.3 毎日触れて無いと困るもの

3:これからの行動
  3.1 知識とアイデア部門
  3.2 スピード部門
  3.3 絶望的努力部門



1:世界のれんさんの半年間の振り返り



2019年1年を通して、自分の良いところと悪いところが中々見えてしまいました。きっと頭の中に浮かんだ悪いところは有難いことに1000個以上あったと思います。途中から書き出した自分の嫌いなところだけで100くらいはあったので、きっとそういうものなんでしょう。

特にブログ更新を始めてからの半年間で気づいた長所と短所、そして何を考えていたかについて振り返ります。

1.1 行動はできる人

なんとなく 自分のやったことを考えると

「行動はできる人」というか自分の周りと比較すると行動はできる方なんじゃないかなと思います。

YouTubeチャンネルを始めて見たり、全財産がなくなるのに30000円の編集ソフトを買ってみたり、ブログを初めてみたり、すごそうな人の仕事に応募してみたり、逆に秒で諦めたり。

これは自分の好きなところで、また、やろうと思えばすぐに行動できる環境と時代に生きてるのは運が良かったと思います。

何個か行動してわかったことは、少しはセンスがあるのかもってこと。

自分で言うのもなんですが、YouTubeの編集には自身があり、今この記事を書いている時点で、圧倒的に文章力が上がってると思ってます。

ちょっとした「できること」がわかった年でした。

1.2 継続ができない人

良いことに気づけた反対に、最大の弱点が現れてしまいました。

世界のれんさんは「継続」が大の苦手

YouTubeは2日しか毎日更新が続かず、ブログも最初の段階では気まぐれで記事を更新、筋トレは気付かないうちに行かなくなり、ゲームですら飽きたら即消してしまう。

これは控えめに言ってヤバイと思いました。ここをなんとか改善しないと、世界は終わるなと笑

色々な記事やビジネス系YouTuberの動画をみて、「継続」って最も難しい壁なんだと知り、人間は言い訳に関しては天才的な能力が備わってると聞いて、なんか安心してしまった自分が今怖い状況です。

上位3%の成功者はみんなこの「継続」を克服していて、そのほかはできていないということは、ここの改善さえすれば、なんとかなるゲームなんだろなとポジティブに受け入れてます。焦ると逆効果らしいので笑

1.3 生き方について考えた

成功者たちに共通するのが「自分の軸」を持っている点。

「好きなことをして生きていく」や「家族を幸せにする」、「世界の大富豪になる」みたいに色々あると思いますが、この軸を持っていることはそれに向かってみんな突き進んでいます。

人生のフェーズによって変化しますが、2019年に未熟なりに編み出した人生の軸は
「死ぬ時に納得できるか?」

シンプルに死んだ時に後悔が残らない人生を歩みたいなと思いました。
「やっとけばよかったなぁ」とか「やめとけばよかったなぁ」って少しでもそんな言葉がでたら嫌ですもの。

だからたくさんの経験をしつつも、自分の心に正直になって、行動を起こしていきたいなと思います。


2:地図業界をどう見ていた?



Mapbankのテーマである地図とか空間情報について何に注目していたのか?結局Mapbankのポジションをどうしていきたいのか?についてです。

2.1 位置情報ゲーム/旅系番組


僕は専門的なテクノロジーというよりも、地図が介入しているあらゆるサービスやプラットフォームなどの身近にあるものを注目しました。

その中で興味を持って可能性を感じたのは、「位置情報ゲーム」と「旅系番組」です!

位置情報ゲームはNiantic社がリリースしているIngress やポケモンGOを初め、2019年は位置ゲーの種類がかなり増えた年です。そして、僕はポケモンGOにはまりました笑 ポケGOは短い期間ですが人気のピークを迎え、そうダウンロード数は世界で約10億ダウンロードを更新し、それだけでもかなりすごいと思います。

旅系番組は様々なジャンルがあります。「鉄道系」「飲食系」「地理系」それぞれ情報系なので内容が有益になりやすいのと、コアなファンがつきやすいと言うところでかなり期待しています。

この二つに注目してから、共通点を考えるとどちらも「エンタメ」だと言うこと。
抽象化すると地図はエンタメになり得ると言うことです。

ここをMapbankにどのように転用するのかが課題になってます。

2.2 地図は影が薄い

地図はエンタメになり得るけど、まだそうなってないです。それはエンタメのジャンルで「地図」が浸透していないからです。

この理由は、見せ方がめちゃくちゃ難しいからで、ウケる見せ方を考えないといけないんです。

そもそも、地図の弱点について考えると「地図は影が薄い」という問題です。

地図は基本的に何かのサポート役でした。カーナビや目的地の場所の道案内などのナビゲーションツールが地図の基本なので。

影が薄いというのは感覚的にいうと、陽キャとインキャです。
例えば、ニュースや記事では自動運転の発展について、自動レベルが〇〇です!みたいな表面的な部分しか見せないので(仕方のないことですが)、後ろで頑張っている地図技術が知られることはあまりないです。

この弱点を克服して、サポート役から主役になれたら、一気に跳ね上がると思ってます。

2.3 毎日触れて無いと困るもの

毎日当たり前のようにGoogle Mapで場所を確認している。女子高生はZenlyで位置情報を共有している。

意外ともう「ないと困るものリスト」に地図は入ってくるんじゃないかなと思っています。
5ヶ月間タイに住んでる間に、Google MapとGrabは毎日使っていましたし、絶対に必要でした。

2019年の地図空間情報関係の国内市場規模は頑張って1兆円だと言われています。この市場規模の大きさに対して、地図ビジネスはB2Bの地図プラットフォームの提供と位置情報ゲームや地図サービス、その他、災害対策などです。

どうなっていくかの予測は難しいですが、5Gが本格的に実装されれば、地図ビジネスの幅は広がり、市場規模の拡大は加速すると思います。


3:これからの行動


これから地図業界に期待して死ぬほど頑張っていくのですが、
半年で学んだことの集大成を3つの言葉でまとめると

「アイデア」

「スピード」

「絶望的な量の努力

です。

アイデアを出して、最高速度で行動して、絶望するほど改善していくわけです。

それぞれ具体的にどうして行こうかというと、、、

3.1 知識とアイデア部門

アイデアは知識と経験の組み合わせで創造できるので、シンプルです。

経験は研究機関で最先端に触れてれば良いと思うので、大学で。地図に興味をもつきっかけとなった教授のゼミで圧倒的な知識と経験を積みますね。

知識はブログの毎日更新が良いかと。ブログを書くたびにリサーチをするので毎日やってれば、知識がつかないわけないです。

3.2 スピード部門

スピードとは即行動という意味ですが、これは結構できてました。ただ、改めて意識できたのでより早くなると思います。

思いついたら行動ってやつですね。

3.3 絶望的努力部門

やはりやってる人は信じられないくらいやってるので、ここは一番外せないところでした。

そもそも、努力はしたことありますが、絶望したことはないので、どの程度なのかちょっと興味深いです。

作業の効率から生き方の改善まで、PDCAを回しまくるのが具体的な方法ですね。

特に、「継続」を身につけなければいけないので、それだけでも絶望しそうですが笑



こんな感じがざっくり2019年の振り返りで、頑張っていかなければならない僕です。

こんなことを考えて生きた1年が作り上げたれんさんの座右の銘は、ヘミングウェイの「老人と海」の名言をそのままパクった「人間は負けない。だから行動し続ければいいんだ。サメが来たらきた時のことさ。」です。

引き続き頑張ります。それではまた!


参考になった!という方は是非シェアお願いします!

・Mapbankでは「地図で人生を豊かに」を理念に、地図に関するあらゆる記事を投稿しています!

・mapbankのツイッターはこちら!!→Mapbank(@mapbank_net)

・世界のれんさんのツイッターはこちら!→世界のれんさん(@rensan_world)

・他の記事はサイトマップからご覧いただけます!

YouTubeチャンネル「世界のれんさん」はこちらから!

-未分類

© 2020 Mapbank Powered by AFFINGER5